読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<y>

Splatoonプレイヤー兼駆け出しエンジニア

日報 2016/07/10

Ruby on Rails

まだネット開通してないからテザリングで繋いでる。
ここ最近日報書けてない上にまともな進捗出せてなくてつらい。

今日までにちまちまやってたこと

Ruby on Rails チュートリアル

第1章 ゼロからデプロイまで

  • 1.1 はじめに
    • 1.1.1 前提知識
    • 1.1.2 この本における取り決め
  • 1.2 さっそく動かす
    • 1.2.1 開発環境
    • 1.2.2 Railsをインストールする
  • 1.3 最初のアプリケーション
    • 1.3.1 Bundler
    • 1.3.2 rails server
    • 1.3.3 MODEL-VIEW-CONTROLLER(MVC)
    • 1.3.4 Hello,world!
  • 1.4 Gitによるバージョン管理
    • 1.4.1 インストールとセットアップ
    • 1.4.2 Gitのメリット
    • 1.4.3 BitBucket

Progate

JavaScript 初級編

今日やったこと

Ruby on Rails チュートリアル

第1章 ゼロからデプロイまで

  • 1.4 Gitによるバージョン管理(途中から)
    • 1.4.4 ブランチ (branch)、変更 (edit)、 コミット (commit)、マージ (merge)
  • 1.5 デプロイする
    • 1.5.1 Herokuのセットアップ
    • 1.5.2 Herokuにデプロイする(1)
    • 1.5.3 Herokuにデプロイする(2)
    • 1.5.4 Herokuコマンド

第2章 Toyアプリケーション

  • 2.1 アプリケーションの計画
    • 2.1.1 ユーザーのモデル設計

後述するが、Ruby on Rails使って開発しているので、ActiveRecord便利だなとか、routes.rbにnamespace記述するとか、session保持してbefore_actionでログイン確認するんや〜とか、MVC命名規則とか、CRUDの考え方とか、くらいは理解できてきている。

近況

新しいところに入社して一週間が経過した。
所謂ベンチャーに近いところで、未経験のぺーぺーである自分を採ってくれたのは将来性と意欲だと思われる。
その代わり、給与はちょっと低い。ただこれはトレードオフであり、自分にとっても納得がいく。
入社してからは一応プロジェクトに入り、Ruby on Railsを使って開発している。正直全然わかんなかったけど、とにかく人に聞いたりググりまくったりして、超トロいけどゆっくりと理解しつつ開発しているのが現状。Ruby on Railsチュートリアルもっと早めにやっておくんだったと後悔している。
現状の基礎知識が皆無な状態だとマズいので、今はHTML&CSSレッスンブックよりも優先してrailsチュートリアルをやっている。一応業務で学んだこともそれなりにあるので、チュートリアルをやる前に知識がある箇所が一部あるため少しは進めやすくなっているだろうと思う。順番が逆だが。
正直自分の吸収速度が非常に遅く、もっとトントンと理解して業務をこなしていきたいという思いが強いのだが、いかんせんRubyの文法も結構あやふやである。そのため、先にチュートリアルやって基礎を身につけてから業務に臨んだ方が生産性が少しでも上がるだろうという考えの元にチュートリアルをやっている。
で、とにかく今は金がない。先日ゴキブリの駆除業者を呼んだ記事を書いたが、この支払いで結構な額が飛んで無一文になったため、泣く泣く親に借りるという失態をここで晒そう。親、ありがとう。あと業者呼んで以降ゴキブリ全く見てません。業者、ありがとう。
正直言って真剣に金銭的にヤバいので、なにか稼げる術を模索している。なにかいい話が転がり込まないかと思っているのだが、世の中にいい話などなく、もしいい話が転がり込んできたとしてもどうせ怪しんで断ってしまうだろうという雑な思考に辿り着いて一人で寂寥感を覚えた。
現状、なるべく金を使わず篭ってゲームと開発の勉強をする以外にないなあと考えている。

まとめ

回線工事の業者早く来てくれ